FC2ブログ

TOTO水彩工房日記(福山東店) 水まわりQ&A

よくあるトラブル事例と解決法をご紹介します。出張修理のご依頼はお住まい地域近郊の水彩チェーン店へ。

2009年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

湯船に白いゴミが浮かびます

TOTOの給湯器RE3714Uを使っています。
最近、急に湯船に白いゴミのようなものが浮かんでいます。
多分配管が汚れていると思うのですが…



 お客様からの質問 

最近、急に湯船に白いゴミが浮かぶようになりました。
湯アカだとおもうのですが。
配管を洗浄したいとおもって、TOTOの配管洗浄剤をかいましたが、取り扱い説明書を読んでも、我が家と状況が違うので、使い方が分かりません。
給湯器はRE3714Uです。
ちなみに、水がきれいな地域なので井戸水を使っています。


 水彩工房福山東店から回答 

TOTO RE3714U という機種をお使いとのこと。
この機種は、追い炊き機能のない、「給湯専用」の機種になるとおもいますが、お間違いございませんか?

取り扱い説明書を読んでも、我が家と状況が違うので、使い方が分かりません。

給湯専用の機種は、湯船につながっている配管がひとつの方向にしかありません(湯が出てくる穴のみ)。
循環させている訳ではないので、配管洗浄の必要はありません。

要は、水道の蛇口と同じようなイメージです。
お台所でつかっている蛇口は、水(ないしお湯)が、出てくるだけで、戻ってはいきませんよね?
給湯専用は、蛇口を同じようなものだとお考えください。

今回、お求めいただいている配管洗浄剤は、TOTO専用品の場合、「追い炊き機能付」の機種に使用していただくものだと思います。

追い炊き機能を利用して、洗浄液を配管内に循環させ、キレイにします。
ですから、給湯専用の機種には使用することができないのです。


 ちなみに、水がきれいな地域なので井戸水を使っています。

たぶん、白い湯垢のようなものの原因は「井戸水」だと思います。

井戸水に多く含まれる、カルシウムやマグネシウムが、給湯器の熱交換器を通る際、分離し、白い成分となって配管に固着する場合があります。
配管に固着した成分は、年数の経過とともに剥がれ落ち、浴槽内に現れることがあるのです。

井戸水は、上水道と違って、お水の成分が一定ではありません。
そのため一般的に、上水道のみを使用している「じゃぐち」と、井戸水のみを使用している「じゃぐち」では、製品寿命も随分と異なります。
※通常の半分といっても過言でないかもしれません。

青さびが浮いたり、白い結晶状のものが付着したり、製品の金属が劣化したりしてしまうのです。
給湯器を通るお水には、できるだけ上水道を使用されるのをお勧めいたします。
スポンサーサイト

| 浴室 - その他 | 14:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

KVKのシングルレバー水栓(洗面所用)の修理

洗面台のシングルレバー水栓です
ハンドルの軸、付け根部分から水漏れしています。
自分で修理しようと思い、分解しようとしましたが、
ハンドルまでは外せるのですが、
そこから外れません。
どうやって外したら良いでしょうか?
また、水もれなのでパッキンを替えれば良いと思いますが、
どれを替えたらよいのでしょうか?



 お客様からの質問 

洗面台のシングルレバー水栓です
ハンドルの軸、付け根部分から水漏れしています。
自分で修理しようと思い、分解しようとしましたが、
ハンドルまでは外せるのですが、
そこから外れません。
どうやって外したら良いでしょうか?
また、水もれなのでパッキンを替えれば良いと思いますが、
どれを替えたらよいのでしょうか?

090525_0946~01

レバー上の所の、白い化粧キャップは外しています。

090525_0947~02

メーカーはKVKです。本体に刻印がしてあります。
取付けてから20年ほど経ちます。


 水彩工房 福山東店からの回答 

お問合せ有難うございます。
添付いただいた写真を、KVKさんに確認して頂きましたところ、
「KM302」という製品ではなかろうか、との事。

結論から申し上げますと、大変申し訳ありませんが、この製品の補修部品は、ほぼ廃盤となっており、供給不可と判明いたしました。

今回、ご希望されていた「シングルレバーのカートリッジ部分」も廃盤となっております。
誠に申し訳ございませんが、製品の寿命と思われますので、水栓の交換をご検討いただけますようお願い申し上げます。

この製品の代替としてご紹介できる製品は、KVK「KM315G」「KM315」「KM315GT」などです。


 余談 

今回、お問合せいただいた製品の、部品供給は終了していましたが、その他の水栓金具修理とも共通する部分があるので、修理方法や部品取替えのポイントを、今回のお問合せに合わせて、お話ししたいと思います。

 自分で修理しようと思い、分解しました

基本、シングルレバー水栓、サーモスタッド水栓の分解修理は、おススメしておりません。
なぜなら、分解したのはいいけれど、元に戻せないお客様が多くいらっしゃるからです。
分解している間に、小さい部品を無くしてしまったり…。
普段から日常的に、住まいをメンテナンスされていらっしゃる方なら、大丈夫だと思いますが、生まれて初めてなにかを修理する!とか、機械の仕組みはさっぱり…な方は、諦めて全国水彩チェーン各店にご相談ください。

なんと言われても、どうしても自分でやりたい!でもちょっと心配…なお客様は、部品をひとつ外すたびにデジカメで写真を撮るとか、外した部品の順番どおりにキチンと並べておくとか、ちょっとしたことでスムーズに運ぶ場合もありますよ
挑戦してみてください


 レバーハンドルまでは外せましたが、その下から外れません。

写真を拝見しますと、レバーの下付近に、六角形状の部品がみえます。
これは、中に入っているカートリッジを押えるための、「固定ナット」だと思います。
六角になっている部分を、モンキーレンチなどではさみ、回して外します。
取付から年数が経過していると、固着してしまい、なかなか外れない状況のときが、多々あります。
ご自身で修理されるときには、がんばってどうにかしててでも外さないと、修理どころではありません。
 力のみせどころ?
あんまり力を入れすぎて、違うところにキズがはいってしまったり、壊れてしまったりしないように、ほどほどでお願いします。


 水もれなのでパッキンを替えればいいですよね?

いいえ。
これは本当に、いろんなお客様から頂く言葉なのですが、水漏れとパッキンはセットではありません。
パッキンの交換で治る漏水は、単水栓(小学校の水飲み場についているような、お水だけでてくる水栓)のような、ごくシンプルな水栓の場合のみです。

今回のようなシングルレバー水栓や、浴室についているサーモスタッド水栓。最近はセンサー感知の水栓もありますね。
水栓金具本体の機能が、上がれば上がるほど、部品も精密化され、パッキンのような単純な部品だけの交換では対応できなくなっています。

今回のKVKのシングルレバー水栓(KVKに限らず)の場合、考えられる修理部品は「カートリッジ」と呼ばれる部品です。

009XLZ[1]

こんなのです
この写真はTOTOのカートリッジですが、シングルレバー水栓の場合、ほとんどの修理がこのカートリッジの交換になります。
※いわゆる「パッキン」はこの製品にくっついていて、バラ販売はありません。



今日も長くなってしまいましたが…。
水まわりの部品は種類いろいろいろ!
メーカーや水栓種類(シングルレバー、センサー、サーモ、単水栓、などなど)、水栓の発売年度によって、恐ろしいぐらい多様なのです…。

ですから、部品検索のためにはお客様のご協力が不可欠です!
ご来店の際には、商品の写真をケータイカメラなどで撮影してきて頂けると、大変助かります。

| 水栓金具 - シングルレバー水栓 | 15:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぴちょんくん号がやって来た

daikin01.jpg

このムッチリとしたかわいい後ろ姿

今日は、ダイキンのぴちょんくん号(3号車)が、平岡設備スタッフを激励にきてくれました。
突然の訪問と、あまりのかわいさにスタッフ一同、大興奮

daikin02.jpg

ぴちょんくんグッズは数あれど、車にまでなってしまうなんて。
完全に「ぴちょんくん」に変身しているこの車、実はトヨタの「iQ」なんだそうです。

全国に3台あるぴちょんくん号は、関東・関西・中四国をそれぞれ旅しながら、
「エコ旅チケット」を配布してエコ活動をみなさんに呼びかける予定です。

みなさんのお住まい地域にやってくる日が楽しみですね。
「エコ旅」サイトでは、ぴちょんくん号の現在位置を確認できますので、探してみてください。

daikin03.jpg

通りすがりの方も、思わず足をとめて写真撮影
楽しいひとときを、ぴちょんくん号から頂きました。

さて、ダイキンのぴちょんくんといえば「うるるとさらら」。
エアコンです。

daikin04.gif

もうすぐジメジメした梅雨がやってきますが、快適エアコン「うるるとさらら」がお部屋をきもち良く保ってくれます。
エコポイントでエアコン買い換えようかしら?
とお考えの方は、ぜひ住まいのプロショップ・ヒラオカまでお問合せください

| キャンペーン・イベント | 16:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |