TOTO水彩工房日記(福山東店) 水まわりQ&A

よくあるトラブル事例と解決法をご紹介します。出張修理のご依頼はお住まい地域近郊の水彩チェーン店へ。

2013年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トイレの修理:ダイヤフラムについて

いつも水彩工房福山東店(平岡設備工業)をご利用いただき、誠に有難うございます。
気がつけば9月も終わり…一ヶ月の早さに驚嘆します。

さて、ここ数年で一番お問合せの多い「トイレの不具合」についてです。
トイレタンク上部の手洗いから水がでない/タンクに水がたまらない、
これらの症状を解決するためには、
ダイヤフラムという部品の交換や、ボールタップの交換が必要な場合が多いです。
※TOTOの場合。
※どの部品を交換するかは機種によって異なります。

ご使用中のタンクの型番がお分かりになりますか?
タンク品番によって、タンク内部部品の形状が変わります。
よって、故障している部分(取り替える部品)も異なるという訳です。

まず、タンク品番を確認しましょう。
※タンク品番はタンク全面に品番シールが貼ってある場合が多いです。
※取り扱い説明書はお手元にありますか?

【不具合の原因がダイヤフラムにある場合】

00B4RE-small.jpg

これがダイヤフラムです。
パッキン部分が劣化すると(主に破れます)、トラブルが発生します。


TOTO SH90BA/SH91BA(タンク品番)の水がたまらなくなったり、
手洗いから水がでない、
という症状の解決方法は5年程前にご紹介いたしました。
※その記事はこちらからご確認ください。

あれから年月が過ぎて、他機種でも同様の症状が多くなりはじめました。
ダイヤフラムにはいくつか種類があるのですが、
一番よく使用されている「TH405S」というダイヤフラムの対象機種を、
弊社で確認している範囲内でまとめてみました。
※掲載品番内にご使用機種が見当たらない場合は、
TOTOお客様センター(0120-03-1010)へお問合せ下さい。

ご参考になれば幸いです。

【TH405Sが使用されているタンク/ウォシュレット一体型便器】

SH90BA / SH91BA

SH30BA / SH31BA
SH30BAK / SH31BAK

SH475BAK / SH475BA

SH670BA / SH671BA
SH670BAK / SH671BAK

SJ80BABF / SJ81BABF

SZ727
(SZはハウスメーカー向け品番です。設備店では詳細がすぐに分からない場合が多いです)

ウォシュレット一体形便器ZG:
TCF9071(CES9078/9079)系・9081(CES9088/9089)系・9091(CES9098/9099)系

ウォシュレット一体形便器ZS:
TCF9051(CES9058)系・9061(CES9068)系

ウォシュレット一体形便器ZK:
TCF(CES)9002系・9012系・9022系

ウォシュレット一体形便器ZJI:
TCF9011LER



ダイヤフラム交換方法はこちらの記事を参照してください

【2015年05月 改訂】
スポンサーサイト

| トイレ - タンク | 17:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |